朝シャンのデメリットは頭皮にダメージが残りやすいということです。
朝は時間が短く髪の毛を乾かすのにあまり時間をかけていられずに自然乾燥をする人も多いです。
ショートヘアーの人でも自然乾燥で完全に乾かすには3時間ほどかかります。
その間髪は濡れたままで頭皮にも多くのダメージが残ってしまいます。

朝シャンをする場合でも必ずドライヤーを使ってしっかり乾かしてから出発するようにしましょう。

また1日2回のシャンプーは髪の毛の皮脂を必要以上に落としてしまうことになります。
皮脂は一定の量を常に分泌するようになっていて、少なくなるとそれを補填するように大量に出てしまいます。
1日2回のシャンプーはこの皮脂の量が非常に増え、髪の毛が油っぽくなってしまう原因になってしまいます。

毎日の朝シャンはできるだけ控えて、適度に気持ちの切り替えをするときだけにするのがお勧めです。

朝シャンプーしたからといって夜シャンプーをしないのは絶対にNGです。
一日の汚れや皮脂は必ず寝る前に落とさないと細菌やダニのえさとなって大量の繁殖を許してしまいます。

清潔になると思ってしていたはずの朝シャンもやり方を間違えると髪の毛にダメージを与えてしまいます。
必ずデメリットを少しでも軽減するために朝シャンは正しく適度にしましょう。
どうしても朝と夜の2回シャンプーがしたい場合は、シャンプーの成分に気を使いましょう。
洗浄力が優しいアミノ酸系のものや天然成分を利用したシャンプーなど、頭皮のことを考えたシャンプーを使うようにして、できるかぎり負担を軽くするようにしましょう。

関連リンク
└髪のダメージをケアするアミノ酸系保湿成分を配合したシャンプー「守り髪」